Japanese visits Mongolia regarding uranium issue

Oct 4 • Economy, Government, Laws, Mining, News, Politics • 669 Views • 1 Comment on Japanese visits Mongolia regarding uranium issue

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

On October 8, the Japanese delegates, led by Japanese Deputy Minister Huroyuki Ishige, will visit Mongolia. According to “ITAR-TASS” agency of Russian Federation, the Japanese delegates are interested in the law environment to take part in the uranium exploration industry. Japan is planning to several nuclear power station and this urges it to be interested in uranium commodity. Our uranium reserve is interested by not only Japanese, but Russian Federation and France. According to the Japanese experts calculation, our uranium reserve is 60.000 tons. But Japanese nuclear power industry consumes 9000 tons per year.

Related Posts

One Response to Japanese visits Mongolia regarding uranium issue

  1. こんにちは、ヴォイス・オブ・インディア(VOI)編集部です。

    VOIは、インド専門ニュースポータルの先駆けとして、日本のマスメディア
    では報じられない、インド発の最新ニュースを日本語でお届けしています。
    インドへの関心の高まりと、熱心な読者の皆さまのおかげで、毎日多くの
    方がVOIに訪問してくださっています。

    VOIでは、皆さまからのご意見、ご要望、アイデアをお待ちしています。

    インドのニュースを日本語で、という従来のスタンスは変わりませんが、
    今後はそれに加え、インドに興味のある皆さまの声を紹介し、もっと活発
    に意見交換ができる場所にしていきたいと考えています。

    「インド旅行記」や「インド関連イベント情報」でも構いませんし、
    「インド人に聞きたいこと」「インド人に言いいたいこと」など、日頃から
    抱いているインドに対する思い、疑問、提言などをお寄せください。

    日本とインドの間に情報の橋を架けるために努力していきます。
    皆さまのご協力をお待ちしています。

    http://www.voiceofindia.co.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

« »